ビジネス効率を上げるスケジューリング術とその方法

スケジュール管理の出来る人と出来ない人

スケジューリングの仕方

スケジュール管理の苦手な方に、ちゃんと管理しろと言ってもやり方がわからないので、上手くいかないでしょう。
スケジュール管理の上手い人をそのまま真似ても、ポイントが分かっていないので、やはり上手くいきません。

スケジュール管理のポイントは自分の能力に合わせることで、しっかりと自分の能力と仕事の難しさを把握することです。

そして、クオリティの高い仕事を目指さなければなりません。
手を抜いた仕事でスケジューリングをしてしまいますと、そこで成長が止まってしまい、惰性で仕事をするようになってしまいます。
そうなりますと、仕事がつまらなくなってしまって能率どころではないので、クオリティーは高いものを目指しましょう。

スケジュール管理のポイント

仕事を闇雲にこなそうとすると限界が生じてきます。
そのために仕事には優先順位をつけて管理しましょう。
リスクやメリットやミスの許容範囲を考慮して、緊急度と重要度順にスケジュールを決めていくことになります。
初めての場合は優先度の順番を間違えてしまうこともあります。
しかし、間違えた順番は経験として捉えることで、次に活かせるのです。

そして時間の管理も重要で、自分がその仕事に対してどれくらいの時間がかかるかを予想するのです。
予想はいままでの経験を頼りにするしかないので、わからない場合は長めの時間でスケジュールを区切りましょう。
不確定要素なども考慮してあまりギリギリにならないスケジュール管理が失敗しないコツでもあります。


この記事をシェアする